電話&FAX: 0973-72-0033

 古後地区の大浦で地域の公民館である大浦自治公民館の落成式が3月30日行われました。

 IMG 0466

 大浦自治区は、令和2年4月1日に発足した新しい自治区で、これまでの道の迫、倉ヶ峠(くらがとう)、神原自治区が合併してできた自治区です。これまでも、新自治区の区域内では、地域の住民の方たちが古後地区の伝統行事である「大浦楽(だいうらがく)」の太鼓や鐘、笛などの囃子を担うほか、唐団扇(とうちわ)、子モラシなどの舞も担っているなど、共通した取り組みなどでつながっている地域です。

 今回、これまで使っていた大浦三部落集会所が酷く老朽化したことから建て替えとなりました。

 落成式は、神事のあと公民館を建てるにあたって用地や水で貢献していただいた2名の方に感謝状の贈呈が行なわれました。その後、宿利政和玖珠町長の祝辞などがあり、最後は新築の自治公民館の中で記念写真を撮るなどして、その日は多くの地域住民が集まり祝いました。

 DSC 1035

 この自治公民館は、地域の住民の憩いの場として、高齢者の集いの場として、更には伝統芸能である「大浦楽」の継承の場としてなど地域の方に活用されることが期待されます。