電話&FAX: 0973-72-0033

7月7日 古後中学校より「絵画指導」の講師派遣依頼があり、さすけ堂 清藤聡子さんを講師派遣しました。
160707 006 s

 講師は森地区在住の清藤聡子さん。

160707 004 s

 今回は高山辰雄ジュニア美術展に出品する作品の仕上げを指導していただいた。

 授業は会場の都合などで、1、2年生と3年生に分け1限ずつの時間内で指導。

 既に下書きを終えた作品に水彩画の色付けについて的確に教えていた。

「色は元の色でなく混ぜて自分の感性の色を作ろう。例えば空を青色に塗るという固定概念でなく、赤色を混ぜてみても面白い。」

「なるべく背景の色から塗っていこう。背景の色を塗り終えたら、凄く凝りたい部分に力を入れるように。」

「描きたいものをはっきりと、あとは手を抜いてもよい。」

「自分が描きたいものを目立つように。」

「背景には自分の遊び心もあってもよい。例えば物が壊れてついた傷後が実物にはなくても描きこむこともよくある。それはオリジナルになって面白い。」

「光の表現も大事で考えるように。」

「筆の線は後に残るから単に塗るというのでなく使い方を考えるように」

「絵は楽しい気分を持って描くように」と絵画の極意を指導していた。

 今回の後、来週もう一度最終の仕上げに清藤さんには来ていただく。

 160707 001 s  160707 002 s 

 160707 003 s  160707 005 s