電話&FAX: 0973-72-0033

9月28日 八幡小学校より石臼体験の講師派遣要請があり、野口典良さん・芝原旭さんを講師派遣しました。
 
210928 017 s

 今回、八幡小学校6年生が石臼を使ったきなこ作りを体験しました。

今回使用する石臼や大豆は芝原さんが準備してくださいました。
事前に青大豆を手作業で炒って準備してくださいました。焦がさないように炒るのが大変だった、とおっしゃっていました。

 210928 002 s 

今回の主役、石臼です。石と石ですりつぶしていくわけですが、内部はこうなってます。
模様のように線が掘られています。恥ずかしながら、私も知りませんでした。

210928 001 s 210928 003 s 

そのままで臼を回してみましたが、とても重たい!子どもたちの力では少しずつしか動かせません。
しかし、大豆を入れて回し始めると少しずつ回りやすくなってきました。

芝原さんから「おばあさんたちは片手で回しながら、反対の手で大豆を入れてやっていた」と聞いて子どもたちも挑戦!
最初は重たかった石臼も、滑りが良くなってきて片手でも回せるほどに!

210928 009 s210928 014 s

一度中に溜まった粉を出してふるいにかけます。

 210928 005 s  210928 006 s 210928 007 s

一度引いたくらいではまだまだ粗い粉で、市販のきなこのようにはいきません。

 210928 008 s  210928 012 s  210928 013 s 

何度か繰り返していくと、市販の粉と同じような細かさになりました。
きなこもちを食べるのに、こんなにも労力がかかるとは…何事にも感謝が必要ですね。

 210928 015 s 

番外編 鉄でできたミルも準備してくださっていました。
こちらも多少力がいるものの、石臼よりも数倍楽に粉にできました。
子ども達も「こっちの方がいい!」と道具の進化に心惹かれた様子でした。

210928 004 s  210928 011 s  

芝原さん、貴重な体験をありがとうございました。

 210928 016 s