電話&FAX: 0973-72-0033

 4月に開始する「くらサポ八幡」。その準備の最終段階として、3月17日に「くらサポ八幡運営委員会」が開催され、設立総会の開催日、設立総会提出議案が審議されました。「くらサポ八幡」は八幡地区内の高齢者世帯や、障がい者世帯、子育て世帯のちょっとした困りごとを、支え合い、助け合いの精神で有償でサポートし解決する仕組みです。運営委員会は、老人会、民生児童委員会、自治委員会、コミュニティ関係の代表者などで構成されています。

DSC08335

▲運営委員会の様子 

総会は、4月6日(水)の午後2時から開催されます。総会に参加する会員は、活動会員、賛助会員、利用会員となります。

 活動会員は、利用会員から申し込みがあってから、実際にちょっとした困りごとに対してサポートしていただく会員で、現在33名(3月16日現在)の方が登録されています。

 賛助会員は、「くらサポ八幡」の行う事業に賛同し、物心両面で支援していただく会員になります。現在20名(3月16日現在)の登録がされています。

 利用会員は、総会終了後にいよいよ募集が正式に始まることから、現在は0名です。

 具体的な「くらサポ八幡」の生活支援の活動例として次のようなことが考えられます。お困りごとを抱えている方は、八幡自治会館にまずはご相談をお願いいたします。

項目

具体的な支え合い活動例

1

在宅活動の支援

家事援助(掃除、洗濯、調理)、買い物代行、薬の受け取り代行、ゴミ出し、話し相手、ファンヒーターの給油など

機械使用等を伴う屋外作業

草刈り、剪定、伐採、側溝の掃除、樋の修繕、草むしり、重たい物の搬出など

外出の付添

通院付添、買い物付添、金融機関・行政機関等の付添

養護者、保護者不在時の代行・見守り

子守り、見守り、話し相手、登園、バス停までの付添など

その他

緊急を要する場合等、会長が認める活動