電話&FAX: 0973-72-0033

 12月4日からの人権週間に合わせ、玖珠町では4日「人権を考えるつどい」があり人権講演がありました。

 img144 2

 ▲講師の奥 結香さん

 人権講演に先立ち、「差別をなくす人権標語」の今年度の入選作品の表彰が行われました。1,054点の応募の中から厳選された18点が表彰されました。

DSC 0623 DSC 0624

▲八幡小1年の樋口保仁さん「やさしさで ぼくのいいとこ みつけてね」 ▲古後小2年の横山明凛(あかり)さん「すぐごめん にっこりえがお うれしいな」

DSC 0625

▲八幡小4年上野友大(ゆうま)さん「ふやそうよ みんなのえがお なかまのわ」

 作品は相手を気遣う思いの作品が多く、特に印象に残ったのが、見て見ぬふりをする、知らぬふりをする、それがいじめに加担しているんだという内容のもので、そういった作品が多く見られました。私たちも、差別に対して知らないふりをする、それは既に差別していることにつながる、と考えさせられる内容でした。

 人権講演は、「LGBTの誤解とセクシュアリティの理解~性的少数者の一人として~」と題して、「SOGIE(LGBT)サポートチームココカラ」共同代表の奥 結香(おく ゆいか)さんが講演しました。

 LGBTのL(Lesbian) は女性として女性が好きな人のこと、G(Gay)は男性として男性が好きな人のこと、(Bisexual)は同性も異性も好きになる人のこと、(Trancegender)は出生時の性別とは違う性でで生きる人または生きたいと思っている人 のことです。

SOGIEのSO(セクシュアルオリエンテーション)は好きになる相手の性(性的指向)、GI(ゼンダーアイデンティティ)は自分の性別の認識(性自認)、E(ジェンダーエクスプレション)は性表現になります。

 講師の奥結香さんは女性ですが、「LGBT」の「L」にあたり、現在は女性のパートナーと暮らしているようです。現在は介護福祉士や特別支援学校の教諭として活躍していますが、性的少数者の側として県内で、自分たちの立場や考え方の理解を求めて活動しています。

 性的少数者(セクシュアルマイノリティ)の方は、通常の人からは考えられないような悩み事を数多く抱えているが、最も悩むのは、カミングアウト(自分の性的指向を公に表明すること)することのようです。親との関係、親への理解を求めることなどは並大抵ではないようです。

 それらの人が通常の生活で支障がないような世の中、またそれらの方々にも優しく理解してあげることが大切であると感じました。

 講師は、一人一人の人に考え方が違うように、性にも多様性があって当然で、そのことを聴衆者に理解をしていただきたいと強く訴えていました。

 

 

 

 

WEBリンク

インスタグラムも始めました!
yahata.jichikaikan nametag  八幡自治会館 |

 

kusu mori kitayamada
玖珠地区コミュニティ運営協議会 森地区コミュニティ運営協議会 北山田地区コミュニティ運営協議会

 

kusumati kusukanko hurusaronouzei 2016 kusunet
大分県玖珠町のWEBサイト 玖珠町観光協会 ふるさと納税 くすねっとてれび
yahata tyuu kogo tyuu yahata syou kogo syou
八幡中学校 古後中学校 八幡小学校 古後小学校

 【動画リンク】

onsenkenおんせん県CM 玖珠ver
youtubeで配信中!回転する転車台やこどもたちの姿をどうぞ!!

 fortunecookie恋するフォーチュンクッキー玖珠ver
が、完成しました。 『くすねっとてれび』にて公開中。八幡の団体も出ています

daiuragaku youtube古後大浦楽動画配信中
『くすねっとてれび』がYoutubeにて大浦楽の動画を配信中。ぜひご覧下さい