電話&FAX: 0973-72-0033

 八幡小に引き続き、12月3日に古後小でも、防災士の会の帆足博充副会長ほかの会員や宮崎京子環境部会長が参加して防災講習会が行われました。

 DSC06004コピー 

 玖珠町防災アドバイザー会の秋好憲一さんが、古後小児童に講師として災害に対する備えのお話をしました。

 DSC06004コピー

 八幡小でもそうだったが、子どもたちは日頃から防災に対しての自分たちがとる行動や知識については良くわかっていて、クイズ形式の問いかけにもてきぱきと答えていました。

 ただ、「地震が起きて、閉じ込められてしまった時どうしますか。」その答えとして

 Ⓐずっと大きい声を出して助けを求める。
 Ⓑ人の気配を感じたときだけ大きい声を出す。

 で挙手で答えさせた時にはほぼ半々の答えとなっていました。正解はⒷでした。

 帆足副会長からも、開会のあいさつのなかで、様々な災害に対する行動の知識を良く知る事、またいざという時に備えて訓練を重ねることが大事だと伝えていました。

 DSC06002コピー

 また、古後小では開会に先立ち、火災を想定し、児童や先生方が校庭の端に走って避難する避難訓練も行われました。

 コピーDSC05999