電話&FAX: 0973-72-0033

 11月27日八幡小講堂で児童を対象に防災講習会が行われました。主催は八幡防災士の会(横山弘康会長)で、コミュニティの環境部会も後援しました。

 DSC 0625 

 講師は玖珠町防災アドバイザー会の秋好憲一(のりかず)さんです。

 秋好さんは同会の役員として、小学校や老人会など各地で講話をして防災教育活動に務めています。

 八幡小では児童たちに、プロジェクターで投影し、わかりやすい内容で話しました。

 DSC 0622

 いつ発生しどんな形で子どもたちの前に現れるのか分からない災害、例えば地震、台風、雷、豪雨、火災、地滑りなど様々な災害、その一つ一つで違う行動が求められます。その一つ一つの例を挙げ話しました。

 2択のクイズ形式で、子どもたちに災害に遭った時どう対応すればよいのか考えさせる講話でした。

 災害では、先ず自分自身の命を守る行動が求められます。

 目の前の災害に遭遇した時、日頃から考えておいていざという時、機敏な行動をとるよう伝えていました。

 我々大人でも、改めて考えさせられる内容のお話でした。